2013/02/28 [Thu]

□■□■□■戦闘の流れ■□■□■□

□■□■□■戦闘の流れ■□■□■□



1.出したカード(主役)が1枚のカードと接した場合



ゲームが進行していくと、次々にカードとカードが接します。
セットされたカードは主役になり、接しているカードと戦闘を始めます。
主役と接している辺のパワー(数字)を比べます。同じ向きのカードは戦闘しません。
※プレイヤーAは左上のテトラを参照し、プレイヤーBは左下のテトラを参照します。
プレイヤーAにとって正位置に見えるカードの赤いテトラは、対面しているプレイヤーBにとっては逆位置で読みにくくなってます。
従って、逆位置のカードを見るときも、プレイヤーAは左上にあるテトラを見ていればいいです。(カードの天地は気にせず見てください)


カードがセットされました。今そのカードは主役です。
主役のカードと接しているカードとで、接している辺のパワーを見比べます。
そして、数字が低い方のカードが負け、フリップされます。
主役のカードも、数字が低ければ負けて、問答無用でフリップされます。
引き分けの場合、どちらのカードもフリップされます。
(つまり、あなたが出したカードが、出した次の瞬間にあなたのカードではなくなることがあります)
ニュアンスとしては、「勝ってないカードはフリップされる」と考えてください。



2.出したカード(主役)が2枚のカードと接した場合


さらにゲームを進めると、カードを1枚セットしただけでも複数のカードと接することになるでしょう。
その場合も、複数の辺でパワーの強弱をそれぞれチェックします。
そして、数字が低い方のカードが負けて、フリップされます。
主役のカードも、数字が低ければ問答無用でフリップされます。
引き分けの場合、どちらのカードもフリップされます。
ただし、どのカードも1度の戦闘で1度しかフリップされません。
主役が出た時、2枚ともに負けている場合でも、フリップされるのは一度だけです。



3.出したカード(主役)が3枚以上のカードと接した場合


基本的には2と処理は同じですが、かなり複雑になります。

一度の戦闘で、主役にカードAが負け、カードBが勝ち、カードCが引き分けるということがあります。
その場合、フリップされるのは、カードA、カードC、主役のカードの3枚で、カードBのみフリップされません。
この時、主役は2回フリップされそうな感覚になりますすが、気をつけてください。


2-3など、非常に複雑怪奇な動きをする戦闘はこんがらがりやすいです。
判りにくいので、オススメの方法としてはコインを使う方法があります。
主役が戦闘した時、上、右、下、左のような順でチェックし(順番はどこからでも構いません。)
1回でも主役がフリップされたなら、コインなどの目印を主役においておきます。
その後も処理を続けます。何度主役をフリップしても大丈夫です。
4辺全ての処理が終わったら、主役の上のコインを取り除き、逆位置になるように置きなおせばよいのです。
posted by   at 15:51 | NT CCC(クーポン)